ガイドに会うため寝落ちしない時間にオデッセイ・フリフローの旅F21

ガイドに会うため絶対に寝落ちしない時間にオデッセイF21

 

寝落ちして帰還ナレーションで覚醒する連続だったヘミシンク。深夜の2時とか3時とか「時間帯が寝落ち前提ですよ〜」とメッセージをもらったので、今回は、ガイドに会うため絶対に寝落ちしない時間の午後15:21に開始。

さて、その驚愕の結果は!?

 

ゲートウェイ・エクスペリエンスCD6巻
WAVE 6 オデッセイ(長い冒険旅行)
6-F21:フリー・フローの旅、F21

Gateway Experience (Japanese Edition)
Wave VI (Odyssey)
3-02 Odyssey 6 Freeflow Journey in Focus 21

 

オレンジ色の太陽が移動する
オレンジ色の太陽が移動する

 

 

神々しい光と共に太陽が出現

 

坂道を登っていると、前方から神々しい光が出現。白く大きく光っている。

きっと太陽の光だと思い坂道を駆け上がる。しかし、駆け上がる前に海の向こうに沈む夕日が見える。右側は山。

駆け上がると、やはり夕日。オレンジ色の太陽が、沈むと思いきや、上に登る、そして、右に移動する。

 

この太陽は、写真を撮っておかないと!咄嗟に、寝床の右側に置いているスマホに手を伸ばそうとしたが「待てよ!一眼レフのカメラはないと、この太陽は撮れないのでは?」と思って、混乱した。

今、自分は、どこにいるんだ?

坂の上で太陽を見てるのか?
寝床なのか?

夢と現実の混乱。

 

やがて夕日は沈んだが、周囲は昼間のように明るく、夜にはなっていない。さすがに現実ではない、非現実の世界。

 

寝落ちか無時間の状態、ガイドに会いたい夢と現実の世界

 

開始:15:21pm
終了:16:58pm

 

絶対に寝落ちしない時間にヘミシンクを開始したのに、結果的に、寝落ち(無時間の状態と表現した方がヘミシンクっぽくてかっこいいのだが。。。)。

 

メンタルツール、パルマームズを終えてから、追加のアファメーションでガイドに会わせてくださいとお願いしてみた。

過去に、白いワンピースの女の子に会ったのが、オデッセイ 6 フリー・フローの旅、F21だったので、今回も同じセッションにしてみた。

しかし、結果的に会えなかった。
カスリもしなかった。
記憶の限りでは。

 

セッションもオデッセイ 6 フリー・フローの旅、F21を1回のつもりが、覚醒と無意識を往復している間に、1回目の終了を聞き逃し、結果的に覚醒したのは、2回目のセッションの終了間際。

オデッセイ 6 フリー・フローの旅、F21をリピート設定にしていたので、結果的に2回、聴いていたことになる。

 

今回は、希望したガイドに会うことはできなかったけれど「夢と現実を彷徨う実感」があったのが、なんとなく嬉しい。

 

後記:
坂道は交信ポイントのキャンプ場の、すぐ上の山道

 

ガイドに会うため絶対に寝落ちしない時間にオデッセイF21
ガイドに会うため絶対に寝落ちしない時間にオデッセイF21

 

コメントは受け付けていません。

知的生命体との邂逅

魂の体外旅行: 体外離脱の科学
ロバート・モンロー