神の思いつきから宇宙ができた

高次の意識からのメッセージ

 

人間が創造した神

 

人間の言う「神」は人間が創造した。

物質も、非物質も、人間が認識した。

人間以前に、物質も、非物質も存在した。

無限なる創造は神と同一で創造主てもあり客体でもある。

人間の意識で創造も想像もできない領域がある。

つまり、人間の言う神は、「人間が想像して創造した神」であり、その領域外は想像すらしていない。

 

意識も無意識も物質も非物質も認識するものがいるから存在する

 

本来、それらはない。

認識した時に存在する。

例えば、フォーカス23で苦しんでいる意識をレトリーバルでフォーカス27へ引き上げても、地球が滅亡すれば、その世界はない。(地球が滅増すればの前提は、例え話なので、後日に修正するかもしれない)

 

そして歴史は繰り返される

 

宇宙の起源も含めて歴史は繰り返される。
また、単一ではない。

 

とても大事なこと

 

しかし、人間は、現実を生きていかなければならない。生きている人間、亡くなられた人間、救済できるなら、救済するべきである。それは、現実を、より良く生きるための糧である。

 

八百万(やおよろず)の神仏は存在する。

 

後記:
現実的な努力をせずに、神頼みだけでは、いけない。
努力の成果がリーズナブルな成果に導かれるように祈るべきである。

 

高次の意識からのメッセージより

 

高次の意識からのメッセージ
高次の意識からのメッセージ

コメントは受け付けていません。

知的生命体との邂逅

魂の体外旅行: 体外離脱の科学
ロバート・モンロー