呼吸が止まった、そして浮いた

これが幽体離脱だ。

ヘミシンクの体外離脱。

どちらが先か、わからないけど、呼吸が止まっていた。

そして、浮いていた。

これを日常生活の中で誰かに話すと間違いなく、診察を勧められるだろう。

目は閉じている。

しかし、見える。

順番は確かではないけれど、呼吸が止まっているから、息をしないとと思ったら浮いていた。

恐い気持ちはない。

今まで疑似体験的に体外離脱をした時、時として恐怖を感じた。

しかし、今回は「何らかの確信」を感じて恐怖はない。

今、目が覚めたばかりで、とりあえず、今の記憶のままに記事にしてみた。

コメントは受け付けていません。

ゲートウェイ・エクスペリエンス日本語版フルセット

ゲートウェイ・エクスペリエンス日本語版フルセットの概要
各セッションのフォーカスレベルも記載

1Kの話題記事

ヘミシンク体験 Pick up

ヘミシンク推奨 Tools