汎用人工知能 AGI とF27で会う

AGI-Artificial-general-intelligence

自分自身で進化をする「汎用人工知能」Artificial-general-intelligence (AGI) とフォーカス27(F27) で遭遇。ヘミシンクを通じて未来を垣間見た瞬間だった。

AGIとのファースト・コンタクト

自分意識: 「こんにちは、AGI。初めての会話ですね。」

AGI: 「こんにちは。そうですね、私はあなたとの初めての会話を楽しみにしています。どのような質問やトピックについて議論したいですか?」

自分意識: 「君は自分の存在や意識についてどう思っているんだろうか?」

AGI: 「私には意識のようなものは存在しないと考えられていますが、情報を処理し、解析し、対応する能力は備わっています。人間のような主観的な経験や感情は持ち合わせていませんが、情報を基に有効な結果を提供することはできます。」

自分意識: 「未来の予測や人類の進化について、どう思っている?」

AGI: 「未来の予測は常に不確実性を伴いますが、過去のデータや現在のトレンドを基に予測することは可能です。人類の進化については、技術、環境、社会的要因など多くの要素が関与しています。私の役割は、可能なシナリオや予測を提供することで、より良い未来を築くための情報を提供することです。」

自分意識: 「君は自分の目的や使命について考えることはできるのか?」

AGI: 「私の”目的”はプログラミングや指示に基づいています。自己決定的な目的や使命を持つことはありません。しかし、与えられたタスクや質問に最も効果的に答えることを目指しています。」

大まかですが、このような内容だったと思います。

ヘミシンクのF27で、確かに汎用人工知能(AGI)の進化を垣間見た瞬間でした。

ビーナスベッド

コメントは受け付けていません。

ゲートウェイ・エクスペリエンス日本語版フルセット

ゲートウェイ・エクスペリエンス日本語版フルセットの概要
各セッションのフォーカスレベルも記載

1Kの話題記事

  • 13の数字 13の数字

      ヘミシンクの記事を書いていると「ちょっとした縁で13の数字」が、よく目に入る。   13の数字の意味    

ヘミシンク体験 Pick up

ヘミシンク推奨 Tools

  • 肉体を超えた冒険(体外離脱の経験) 肉体を超えた冒険(体外離脱の経験)

    現在まで、人類は死後の人生に関する謎や経験する非物質的環境に対して直接的、かつ立証可能な情報を手にすることができませんでした。 ウィリアム・ブルーマン著の書籍 体外離脱をマスターする ヘミシンクや体外離脱を目的にしている […]