交信ポイント

交信ポイント(ボーイスカウト時代の山のキャンプ場)

 

まだ確信はない交信ポイント

そこは、ボーイスカウト時代の山のキャンプ場である。

何度か、ヘミシンクの夢の中で、舞台として出現してきた。理由は、わからない。夢で見るまで、意識すらしたことがなかった。

 

そして、キャンプ場へ通じる坂道(山道)がある。

坂道の場所はボーイスカウト時代の山のキャンプ場。川が流れ(当時は川の水を、そのまま飲んでいた)、池が近くにある。この池で早朝にスッポンに後ろから迫られたことがある。気づいて振り返ると、スッポンは池の中へ逃げて行った。

また、テントの近くで30cmくらいの蛇(ヤマカガシ)にも遭遇した。

キャンプ場と言っても、今のような設備の整ったキャンプ場ではない。せいぜい、テントが2つほど立てられる地面がある小川の畔である。

山道(坂道)から2mほどの崖を下ると、このキャンプ場である。

このキャンプ場が交信ポイントかもしれない。

 

交信ポイント(ボーイスカウト時代の山のキャンプ場)
交信ポイント(ボーイスカウト時代の山のキャンプ場)

 

コメントは受け付けていません。

知的生命体との邂逅

魂の体外旅行: 体外離脱の科学
ロバート・モンロー