体外への旅で半覚醒を実感

体外への旅で近所を散歩

寝落ち寸前の転寝の半覚醒状態

ちょうど良い加減の体外への旅CD-3:状態A

早朝の二度寝用、体外への旅サポートHemi-Sync

フォーカスレベルを意識することなく、自然にF10をジャンプ台にしてF12から、どこでもいける感覚。どのCDでもメンタルツールは必須としてナレーションにかかわらず実行している。

毎日、いろんなことがあり全てを記事にできない。かと言って、凄い体験をしたとかではない。「ふ〜ん。あっそう。」みたいなレベルの体験だけど、以前の1Kと比較したらこの9ヶ月で格段の進歩。

最近の確かな手応えは、

寝落ち寸前の転寝の半覚醒状態、で自由に動けること。

夢の中では、夢だという意識もないけれど、途中で、夢だと気付く。しかし、覚醒することもなく、継続して夢を見ている。

また、最初から半覚醒で夢に突入することもある。夢の途中で、夢であることを忘れてしまう時もある。

このあたりは、いちいち説明できないほど微妙。

ヘミシンクに出会わなければ、このレベルにも到達しなかったと思う。

体外への旅サポート用Hemi-Sync

補足
いわゆる変性意識状態というものが、この記事でいう半覚醒状態と同一かは不明です。あくまでも個人体験に基づいているので。最近の個人体験は普遍的なヘミシンクの現象なのか、個人に依存するものかは不明。ただ、悩まず突き進むしかないので、強行突破で!

コメントは受け付けていません。

ゲートウェイ・エクスペリエンス日本語版フルセット

ゲートウェイ・エクスペリエンス日本語版フルセットの概要
各セッションのフォーカスレベルも記載

1Kの話題記事

  • 他のために尽力する

    一事が万事 他のために尽力を尽くす 他のために神力を尽くす 二兎追うものは一兎も追えないのは、自らの欲が先行した場合 他のための尽力は、一時だけでなく、万事が可能

ヘミシンク体験 Pick up

  • 本気で爆睡 F10:探求と睡眠 朝まで爆睡 F10:探求と睡眠

      帰還ナレーションが無い「探求と睡眠」なので、そのまま寝落ちしても良いらしい。そう思って安心してリラックスして始めると、そのまま朝まで爆睡してしまった。   ゲートウェイ・エクスペリエンスCD No […]

ヘミシンク推奨 Tools