瞑想ツールとしてのヘミシンク、最高の自分を保つために

瞑想ツールとしてのヘミシンク、最高の自分を保つために

寿命を終え中陰の人を救出する方法 F23

ヘミシンクにフォーカスレベル23(中陰の人を救出する方法)がプログラムされているのは、本当に素晴らしいと思う。しかし、最も重要なのは、まず自分自身を救うこと。

結局、自分自身を救うことが「自分」にとって人生最大のテーマで、達成できる人も限られているような気がする。

輪廻転生の考えでは、何度も転生を繰り返して、自分の魂の救済の場として転生するわけだから、未熟なまま中陰の人を救出することを、ホイホイと簡単にはできない、または、許されていないと思う。

自分を救う瞑想、そして最高の瞑想ツール

自分を救う方法として、勉強とか修行とかあっても、最短コースは己事究明。一般的には、瞑想とか坐禅、と言われている類である。

ヘミシンクは、最高の瞑想ツールである事を体験しているので、まず、最高の自分を保つために、名増とか坐禅とか言われてもピンとこない人のために、ヘミシンクは最高のツールだと思う。


中陰の人を救出するよりも、まずは現実の自分を救うのが先決かと。。。

コメントは受け付けていません。

宇宙への体外離脱―ロバート・モンロー