前世に夜空を仰いで湖畔を彷徨う タッチング・グレース

前世の夜空を仰いで湖畔を彷徨う タッチング・グレース

最高のヘミシンクCD音楽に出会えて魂が震えた。聞いた瞬間、前世、夜空を仰いで湖畔を彷徨う情景が浮かんだ。

静寂の前世の夜空で魂と会う

想像とイメージの世界で、体外離脱したりとかの体験ではない。明晰夢よりも白昼夢に近いイメージだけど、魂は何かを感じている。

群青の夜空を見上げる湖畔。湖面に見える月は、二つの山の隙間から覗いている月。湖畔のススキが揺れもせずに静寂を物語っている。

湖面は、かすかに波立っているが、風はない。

す〜と、夜空へ浮かび上がる。

どんどん、群青色の空へ吸い込まれる。

宇宙だ。

宇宙は決して黒ではない。

黒よりも青に近い群青色。

宇宙から湖面にフォーカスすると、湖面に浮かぶ小さな島に少女と狼がいる。少女と狼は、静かに満月を見上げている。

タッチング・グレース(Touching Grace) を聴くと自然に浮かぶ情景。

10月9日、10月10日、2日も続けて聴き入ってしまった。ヘミシンクするぞ!っと構えるのではなく、自然に溶け込むように聴けるのは、1Kにあってるのかな?

ふわりと浮かぶ

何も見えていない転寝中。
ふわりと浮かんだ。

えっ、遂に体外離脱!

その瞬間に、普通に戻った。

どこに浮かんだではなく、寝ている状態で、ふわりと浮かぶ感覚。周囲が見えているわけではない、体外離脱して自分を見ているわけでもない。

ただ、ふわりと浮かんだ。

前世の夜空へ浮かぶタッチング・グレース(Touching Grace)

コメントは受け付けていません。

知的生命体との邂逅

魂の体外旅行: 体外離脱の科学
ロバート・モンロー