変性意識状態での非物質界との接触は違う

変性意識状態での非物質界

体験してみて、わかったこと。

それは、変性意識状態での非物質界との接触は「想像とは違う」こと。

つまり定義付けされていない世界は自らの経験が、自らの定義になる。

他人と共通していれば、共通の定義だが、ヘミシンクにおける変性意識状態は「真実であっても、各人で経験が異なる」ことも容認するべきだ。

それは、根本の公式が「この世で客観的な定義付けがされていない」または、定義付けすることが不可能かもしれない。

この世の定期付けをしようとした瞬間に、実態から離れる。

それをこの世で定義付けしようとすると、各人の脳内の現象ということになってしまうが、脳は媒体であり媒介であり、どのように認識するかは個人差があるゆえに、「真実であっても、各人で経験が異なる」ことになる。

「それの経験」がないと意味不明な文章になってしまった。

違うけれども、すべてが、みんなが、正しいことだってある。

コメントは受け付けていません。

宇宙への体外離脱―ロバート・モンロー