夢だと気付いた現実の会話

彼に会ったのは3週間以上も前のこと。

なのに彼との会話でダニエル、乙、STV、などの名称を確認してSTVの記憶を彼が持っていたことを確認できた。この会話は少なくとも3日以内の会話。

つまり、現実的な会話をしていたつもりが、夢の世界のこと。

この時の夢の記憶は、それしかない。

もっと夢の中で、何かがあったかもしれない。

少し霞んでいたかな。
もう少し「クリア」であれば記憶も鮮明に残っていたかもしれない。

これは、ヘミシンク効果なのだろうか?

コメントは受け付けていません。

宇宙への体外離脱―ロバート・モンロー