夢でも想像でも現実でもない、これって体外離脱の一歩前?

夢でも想像でも現実でもない、これって体外離脱の一歩前?

体外離脱だとは言わないぞ!

意識があるのに意識が飛んで予想外の出来事に遭遇

以前にも似たようなことがあって、気のせいだと思い記録も取らなかったが、今日は、さっきの出来事なので記録を取ってみた。

食卓で食事を終えて、リビングのコタツに移動。横になって転寝していると。。。

 

突然、パルマームズ降臨

ヘミシンクCDを聴いてないけどパルマームズが始まった。

最近、いや少し前から、ヘミシンクCDを聴かなくても勝手にパルマームズが始まることがある。

 

気がつけば、食卓の横の丸椅子に座って、リビングを眺めている。リビングでは家族がコタツに座っている。

意識は夢のような感じで現実ではないことを明確に理解している。

待てよ、と思い、別の寝室部屋に移動してみる。すると驚いたことに、寝室部屋にも家族がいる。家族の一人は黄色い服を着て何やら片付け物をしている。

半ば夢か想像だと思っていたのに、寝室部屋に家族がいたのには驚いた。

さらに移動して、コタツ部屋に戻ってみると、そこにも家族がいる。

夢でもなければ、想像でもない。

あるいは、夢でもあり、想像でもあるかもしれない。

何でもできそうなので、リビングの壁をすり抜けて、外へ出てみた。

雨が降っている。小雨だ。(現実に小雨だった)

飛んでみよう!と思って近所を飛んでみた。あまり遠くまで行けない。いきなり、とんでもない場所までも飛べない。

飛べるのは近所だけ。

近くの坂道を空中に浮かんで徘徊してみた。

これくらいは、できる。

 

目を覚ますと普通に現実だ。

コタツで転寝している状態のまま。

コタツで転寝していた時の同じように、コタツに家族が座っていた。

夢でもない、明確に意識があったから。

想像でもない、寝室で家族を見たのは予想外で驚いたから。

体外離脱だとも、今は思えない。

ヘミシンクCDを聴いているわけでもなく、食後にコタツで転寝している間の出来事。

ただ、ヘミシンクCDを聴くまでは、こんなことはなかっただろうし(少なくとも記憶にない)、この出来事を意識することもなかっただろう。

ヘミシンクって、興味深いね。

コメントは受け付けていません。

ゲートウェイ・エクスペリエンス日本語版フルセット

ゲートウェイ・エクスペリエンス日本語版フルセットの概要
各セッションのフォーカスレベルも記載