意識の体外離脱 ディスカバリー 5-6-1

体外離脱 ディスカバリー(発見)

 

00:46amに開始してから、メンタルツール、パルマームズ以後、お約束のように意識がない、記憶がない。そして、お約束のように、帰還ナレーションで(グラウンディング)で目が覚める、というか意識が戻る。

 

ゲートウェイ・エクスペリエンスCD1巻
WAVE 1 ディスカバリー(発見)
5-F10:探求と睡眠
6-F10:フリー・フロー10
1-F03:オリエンテーション

The Gateway Experience
Gateway Experience (Japanese Edition)
Wave I (Discovery)
3-01 Discovery 5 Exploration, Sleep
3-02 Discovery 6 Freeflow 10
1-01 Discovery 1 Orientation

 

2020-10-17
開始:00:46am 5-F10:探求と睡眠
終了:02:15am 1-F03:オリエンテーション 7分まで

 

空想の体外離脱で意識も離脱?
空想の体外離脱で意識も離脱?

 

 

空想の体外離脱で意識も離脱?

 

ちなみに、ディスカバリー(発見)5-F10:探求と睡眠は、そのまま寝ても良いように帰還ナレーションがない。したがって、6-F10:フリー・フロー10の帰還ナレーションで覚醒した次第。

 

最近のパターンとして、メンタルツール、パルマームズで意識がなくなり、帰還ナレーションで覚醒するケースが続いている。

 

単なる寝落ちと思いながらも、夢のある無時間の状態とも解釈したい。しかし、この意識のない状態、記憶もない状態の時に、一体、どこで何をしているのだろう?

 

今回は、パルマームズの後で、空想で体外離脱したが、それは、意図的に意識してイメージしたまでの世界。

 

コメントは受け付けていません。

知的生命体との邂逅

魂の体外旅行: 体外離脱の科学
ロバート・モンロー