タブー(定義の存在しない論争の行方)

タブー

定義の存在しない論争の行方

仏教とキリスト教の議論をする時
どこまで自らの宗教を理解したか?
どこまで相手の宗教を理解したか?

お互いの定義が曖昧なままでは
感情的な議論しかできない。

抽象的に広範囲な視点から解釈すると
その時代に表現する方法として
仏教もキリスト教も結果的にベストであり
双方が摩擦することなく成立する。

イスラム教、ユダヤ教とて同様。

自らの宗教を理解する
相手の宗教を理解する

知らずして争うこと勿れ

白昼夢で高次の意識からメッセージの内容より

コメントは受け付けていません。

知的生命体との邂逅

魂の体外旅行: 体外離脱の科学
ロバート・モンロー